OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

「墨と紙が生み出す美の世界」徳島県立近代美術館 

93BF938794FC8Fp8AD98360838983V955C.jpeg

現在、徳島県立近代美術館で開催されている
企画展「墨と紙が生み出す美の世界」に出品いたしております。
出品作品は、湯気をモチーフにした「水焔シリーズ」から、
「水焔6」と「水焔7」の2点です。

水焔7
出品作品「水焔7」麻紙 墨 胡粉 岩絵具

徳島県立近代美術館では、2007年に
「日本画ー和紙の魅力を探る」という展覧会が開催されました。
私は図録を取り寄せましたが、
紙と日本画との関係を、ていねいに掘り下げた内容で、
図録からも学ぶことが多いものでした。

今回の展覧会は「墨と紙」ということで、
墨についての考察がなされた内容です。
単に墨ということではなく、
紙だからこその墨の魅力に焦点が当てられています。

中国・清時代の御墨それ自体や、
貴重な墨を使って試作された作品、
また、清時代の墨絵から近代日本、また現代の作品まで、
墨と紙の世界を細かに追うことのできる展覧会です。

このような展覧会に展示させていただけて、
私は身の引き締まる思いです。
今後、いっそう、墨について、紙や絹について、
その素材自体の魅力を活かせるよう、
制作して参りたいと思っております。

会期 2012年10月13日(土)-12月9日(日)
   9:00-17:30
   月曜日休館(休館日が祝祭日の場合は、その翌日)
会場 徳島県立近代美術館
   http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
   〒770-8070
   徳島市八万町向寺山文化の森総合公園内
   TEL: 088-668-1088
   FAX: 088-668-7198

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/11/15 02:16 * edit *

Kさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
コメントいただけて本当に、とっても嬉しいのですけど、
内容がちょっと難しいので、あえて未承認でお返事いたします。
あの方の姿勢や作品に関して、私は「それもありだろう」とは思いますが、
私と通ずるところはないと考えています。
もちろん、観て下さる方が、似て感じられるならば、
私が「違うんです」と、言えるものではないことは分かっているので、
普段ならば「そうですか」と答えておくところですが、
Kさんなので、本心を伝えておこうと思い、
このように返信する次第です。

聡子 #.FEr8UEM | URL | 2012/11/15 18:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/548-9019e30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。