FC2ブログ

OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

講談社「本」 

hon_cover.jpeg

講談社の小冊子「本」の表紙に、作品を使用していただきました。
冊子の最後のコーナーが、
高階秀爾先生の連載「現代アートの現場から」となっており、
表紙になりました「水焔1」について、解説をいただきました。
書店のレジ前などに置かれていることが多い本です。
もし、お目にされることがございましたら、
お手に取っていただければ幸いです。

思えば、高校生の時、
はじめて読んだ、美術評論が高階先生のご本。
美大に進むにあたり、
美術部顧問の先生が「必ず読みなさいリスト」を手書きで作って下さいました。
その、1番目と2番目にリストアップされていたのが、
高階先生の「名画を見る眼」「続 名画を見る眼」 岩波新書。
今も、画室の本棚に2冊並んでいます。
その高階先生に、自分の作品について
解説を頂くなんて、本当に感慨無量な気持ちです。



「本」3月号 内容

様相の十七世紀21 世界の奥行きを創出する――ライプニッツ(二) 上野修
安部公房と団地の夢 苅部直
平凡な外科医の三つの信条 石井正
スピンク日記44 主人・ポチの初春 町田康
時代の激変の中で 翔田寛
米朝が教えてくれた7 枝雀の修羅 堀井憲一郎
鉄道ひとつばなし194 『海辺のカフカ』と鉄道 原武史
漢字雑談24 古く中国から入った日本語 高島俊男
ルネサンスの神秘思想とは? 伊藤博明
「正教は心の宗教」 久松英二
珍品堂目録111 シューカツの社会史――『求人広告半世紀』 池内紀
分かりあえないことから7 コミュニケーションデザインとは何か?(1) 平田オリザ
無名なひと 大山淳子
政治を哲学する23 「巨人」チャールズ・テイラーのゆらぎ 宇野重規
新日本野球紀行82 ダルビッシュに不安はあるか 二宮清純
『眼蔵』をよむ106 ただ一つの時 菅野覚明
現代アートの現場から75 水焔 高階秀爾

コメント

購入するぞ。い、いや。「買いにいくで。」(のほうが自分らしい)
僕は、高階秀爾の「近代絵画史/中公新書」で絵画史について学んだ気がしている。
京都の下宿近所の恵分社で33年前に購入して読んだ。
恵分社は当時小さな見た目は普通の小さな書店だったが、
検索してみると、えらく大きく、有名になっていたので、
びっくりした。あっ、関係ないか。
でも、当時から何となく良い本があったように思う。
一時は、新書、文庫の類が多かったが、毎日のように買って読んでいた。
そういえば、松岡正剛「二十一世紀精神」「遊」に出会ったのもそこだった。

「近代絵画史」は解りやすかったのを覚えている。
良い本だと思う。解説が楽しみだ!

meme #- | URL | 2012/02/26 00:37 * edit *

memeさん
ありがとうございます 大涙。
価格80円にして、充実の一冊、読み物としてもお勧めです。
高階先生の凄いところのひとつは、読み手のそれぞれの理解度や知識度に添っても、読後にきちんとしたものが得られるということがあると思います。
複雑だったり、驚きに満ちていたり、痛烈な批判精神を持ったものというものは、専門書にいくらもありますが、高階先生のご本のように、初めて、美術書を読む人にも、しっかりとした構造をもった知識を、素直な感動、美術への敬意とともに根付かせてくれる本というのは、とても希有だと思います。

及川聡子 #.FEr8UEM | URL | 2012/02/26 11:39 * edit *

こーにゅーしたど~。
あっ、いや、貰ったんだった。
小さい書店には置いてなかった。
紀伊国屋書店で聞いてみるとあるにはあったが、
無料で配布されていて、品切れだった。
ブックファースト梅田店では、最後の一冊を無料入手。
本屋に行く時間が取れなくて、やっとこさだった。
解説はよかった。やっぱり高階先生さすがだ、
生命の根源やら、縄文人にまで波及するとは。
そーだ、そーなんだと思わず帰りの電車の中で、
うなずいてしまった。(さすがに、声は出さなかったが)。
さらには、デッサンにも興味をもった。
そういえば、学生のとき山形出身の
(東京芸大に受からなかったらしい)奴がいて、
そいつがマイナスのデッサンとか言って、木炭で真っ黒に塗った後、
練り消しで白く描いているのを見た事がある。
その手のものは好きで、自分も絵の具で暗い色を下地に塗って、
その上からパステルで重ねてか描くといった事よくしていた。
ドローイングも見てみたいもんだ。

meme #- | URL | 2012/03/02 01:32 * edit *

memeさん
ありがとうございます。
なんだか、たくさん回って下さったようで、恐縮です。
デッサンやクロッキーを
誰かに見ていただくというのは、
本当に久しぶりでしたので、動揺しました。
湯気はもうそれは目が回るほど早い動きなので、
眼は湯気に向けたまま、
手だけで動きを模倣して消しゴムを動かすのです。
で、その後で画面を見て、
記憶でちょこちょこっと形を整える、
という感じなんですよ。
これからは、木炭とか
いろいろ方法を模索していこうと思っています。
いつか、そういうのも見ていただける機会が……
あったら、きっと、動揺するなぁ。
本当に、ドローイングとか、
恥ずかしい気持ちになっちゃうんですよね。
素だからなんでしょうね。

及川聡子 #.FEr8UEM | URL | 2012/03/02 03:04 * edit *

手に入れるに、少し苦労したのを書いたのは、
同じように書店に行こうとしている人の、
参考になるかと思っての事でした。
恐縮にはおよびませんw。
そして、読んでみたいと思ったのは、
やはり高階先生がどう解説されたかが、
我が事のように、気になったからです。
ドローイングはその素のところがいいのではないかと。
構築された完成品とはちがう、
そのライブ感のようなものが、またいいんではないだろうかと。

meme #- | URL | 2012/03/03 23:40 * edit *

memeさん
同じように書店に行こうとしている人、
いらっしゃるかなぁ……いて下さったら嬉しいですけれど。
ドローイング、やっている時はとてもスリリングで、
なかなか他では味わえない感覚があります。
出来上がったドローイングよりも、
身体に残った感覚の方が、
その後のタブローに良い影響を与えてくれている気がします。
まさに、ライブの醍醐味なのかもしれません。
見る方にとっての満足までは、まだまだですが、
とにかく続けていくことで、
いつか、memeさんにも見てもらえる日が来るかもしれません。

及川聡子 #.FEr8UEM | URL | 2012/03/03 23:55 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/511-fe1cbf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。