FC2ブログ

OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

幼きサミュエル 

サムエル


物心ついた時から目にしていた御絵。
母が台所の壁に掛けていた絵皿にこの絵が印刷されていた。
私はずっとこの絵が好きだった。
調べてみると、ジョシュア・レイノルズという画家の『幼きサムエル』とのこと。
女子パウロ書店で見つけて、懐かしくうれしかった。
小さなカードなので、ビニールの袋に入れて画室に貼っている。

この絵を見ると、子供のころ住んでいた家の台所が思い出される。
そして、なぜか、母がプリンを作ってくれた日を思い出し、
早く固まらないかなぁと、じーーっと見続けていたのを思い出す。
銀の入れ物に、黄色のプリン液。甘い匂いと、巻き毛の少年。
お祈りする時、私が真面目な気持ちになるというよりは、
自分がたいへん小さな者になったことからくる安心感に包まれるのも、
多分、この巻き毛の男の子のおかげが大きいのだと思う。

あの家も、宮城県沖地震で半壊し、引越をしたのだった。
地震以後は、食器のかけらが危ないからと、一度も入れてもらえなかった。
あのお皿、どこにいったの?と聞くと母は「どっかに入ってるよ」と答える。
「見つけたら、くれる?」と言うと、決まって「あげない」と即答される。
しかたない。きっと、母にも大切なものなのだろう。

コメント

はじめまして
先日伯母を亡くしました。
伯母の家にもこの絵が飾ってありました。

今日やっとこの絵の名前がわかり感謝しています。
ありがとうございました。

くんべ #- | URL | 2012/04/22 21:56 * edit *

くんべさん
はじめまして。
伯母様もこの絵を飾っていらしたとのこと。
書き込み下さって、ありがとうございます。
クリスチャンでいらしたのでしょうか。
この絵は本当に多くの方に愛されているのですね。
この幼いサムエルが、伯母様やくんべさま、
私の母や、私自身に、
同じ思い、懐かしさを与えてくれることが、
本当に不思議に思います。


及川聡子 #.FEr8UEM | URL | 2012/04/23 23:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/507-eba7dcb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。