FC2ブログ

OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

3月14日 文句おばさん 

プレハブの床は冷えるので、敷布団などを運ぶため自宅に戻る。途中、普段からよく利用するスーパーが開いているのに気づく。
20人ずつの列を作り、列ごとに移動して順番を待つ。5~10人ずつ、店の前に並べてある商品から1人10点まで買うことができる。2分以内に買い物をするようアナウンスされる。列に並んでいる間にスーパーからアメがくばられる。商品の最後に並ぶ野菜と納豆は5つまで無料提供とのこと。たばこ、生理用品は係りの人に言うと売ってくれる。地域密着型の小振りなスーパーなのだけれど、この非常時での細やかな対応に感心してしまった。

列の前には、文句ばかり言っているおばさんがいて、始めは「やだやだ」と思っていたが、その語り口が妙にかわいらしいので、いつのまにか聞き入ってしまった。周囲のおばさんたちも文句おばさんの話術に引き込まれて、笑ったり共感したりしていた。
震災後しばらくの私は、不安さのためか、危機感のためか、あきらかに平常時とは人間関係の距離は縮まって感じた。見ず知らずの人にでも、笑いかけたり声をかけたりすることにまったくためらいを感じない。OTTOそうだと言っていたし、周囲を見ても、皆そんな様子だった。
買い物を待つ列が日陰に入ると、寒さが堪える。愛くるしい口調で、今度は寒さに文句を言っているおばさんを見かねて、となりのおばさんが自分のマフラーを貸してあげていた。
「あら、あら、どうも」なんて、軽くお礼を言ったと思いきや、再び、文句を言い始めるおばさん。そんなやりとりの全てが、不思議なほど、ほほえましく思えたし、可笑しく思えた。

OTTOはサバ水煮缶×2、コーン缶×2、ツナ缶×2、オレンジジュース500㎖×2、ブドウジュース500㎖×2。私はささ身缶×1、チーズ×1、ミニドーナツ×1袋、あらびきソーセージ×1包、グレープフルーツ×1、さつまいも×1袋、レトルトカレー×2箱、豆乳×1パック、ほたてひも缶×1。それに、無料提供の野菜、オクラ、ニラ、春菊、カイワレ、セロリ、つぼみ菜、ピーマンを手に入れた。

山では父が普通に仕事をしていた。19日からの「父・娘展」はどう考えても開催は出来ないと思われたが、展示用の台をひとつ作る約束をしていたので、作ると言ったからには作っておくのだと父は言うのだった。
6月にはもうひとつ二人での展覧会が予定されていたが、それもキャンセルになった。「また、二人で展覧会できるかなぁ」と私が言うのを、父は無言で聞いていた。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/489-699bc465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。