FC2ブログ

OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

父娘展に寄せて その1 

粘度

3月に開催の父との2人展のため、
家族写真など準備することになり、昔のアルバムを出してみた。
父の彫塑をいじる幼児の私を発見。
うっすらと、この時の記憶がある。
お腹のあたりをへらで削って取っている記憶。

仁王

さかのぼって、もっと昔のアルバムを発見。
まだ20代の父。今の私より、ずっとずっと若い。
私はもちろん、この世にいない頃の写真だ。

自分も美術の道に進み、作品を発表するようになってから、
「お父さんがお前の歳には……」とよく言われてきた。
比べてお前はいつまでも形にならない、という意味だ。
こんな写真を見ると、そう言われるのも致し方なしと思える。

自分なりに、父の背中を見ながら、よちよちと育ってきた。
自分も40歳となって、
はじめて父の作品と自分の作品が展示されると思うと、
不思議な気持ちになる。

私との2人展が開かれることを、
父はシンプルに「愉しい」と言う。
私はその言葉が素直に嬉しい。

コメント

お父さんも良いですね。

写真でも、そのムーブメントには、心地よい力強さを感じます。
聡子さんの、お父さんの作品も生で見てみたいと、思うのでありました。
(仙台じゃ、見れないけど。笑。)

meme #- | URL | 2011/02/13 10:40 * edit *

memeさん
ありがとうございます!
父は関西でもよく展覧会をしています。
いつかご高覧いただければ幸いです。

聡子 #.FEr8UEM | URL | 2011/02/13 21:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/478-4d3ab60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。