FC2ブログ

OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

しばたの郷土館で親子展を 

しばた1

来年の春、地元柴田町の「しばたの郷土館」で
父・及川茂との親子展が開かれることになった。

しばたの郷土館は、
IT創作プラザを備え、体験学習などに使用される「ふるさと文化伝承館」、
原始時代から現代までの柴田町の資料を展示する「思源閣」、
柴田町の工業製品を展示PRする「産業展示館」、
国宝茶室「如庵(じょあん)」を模した茶室「如心庵」
が併設された柴田町の文化施設。

しばた2階

12日、展覧会に向けての最初の打ち合わせがあった。
一階は天井の高い大きな空間、
二階はガラスケースのある展示室になっている。

小室

今はちょうど柴田町出身の小室達の展覧会が開催中。
小室達は、大正10年代から昭和28年まで活躍した彫刻家で、
伊達政宗公騎馬像制作者として知られている。

大正の香り漂うスタイルの中に、
独特の繊細さ、やさしく温かみのある量感、
そして、どこか神秘的なものを感じた。
特に、自刻像の上に、息子さんの頭を乗せた「父子像」と、
保食神」という、小さな神像が印象的だった。

郷土館のみなさんに、郷土館の意味、
柴田町の歴史など伺ながら、
岩手生まれの父と、仙台生まれの自分が、
柴田町に暮らし、
はじめての親子展を開かせてもらうことになった不思議を思い、
「暮らす場」との縁というものを考えたりしていた。

「暮らす場」との縁、
それは、大切な人との出会いのように、
知るべきことや、考えるべきことを与えてくれるものでもあるだろう。
この11月で、柴田町に住んで満七年。
柴田町、仙南地区について、
あらためて学んでみようと思っているところである。

---------------------------------------------------------------
現在、しばたの郷土館で開催中
企画展 郷土が生んだ彫刻家 小室 達展

約50年ぶりに見つかり、柴田町に寄贈された石膏像、木彫の中から、
あまり知られていない父子像や、
干支にちなんだ うさぎなどの陶彫、木彫、石膏型の作品を展示。

期間/平成23年1月30日(日)まで
時間/9:00~16:00
入場料/大人200円、高校生100円

しばたの郷土館
宮城県柴田郡柴田町船岡西1丁目6-26
お問い合わせ Tel : 0224-55-0707 Fax : 0224-58-1911

コメント

わあ~~~!さとまるさん、来年は親子展ですか!!!素敵!!!
本当に近くだったら親子展、見に行きたいです*・・*
岡山で出張親子展というのも企画してください。

お待たせしたもの、昨日、できました♪
また、後ほどメールしますね。

麦笛 #mQop/nM. | URL | 2010/11/28 14:43 * edit *

麦笛さん
ありがとうございます~♪
>お待たせしたもの
うふふ。待ってまーす。
おかげさまで、2011も
うっとり楽しい一年になりそうで感謝です!

聡子 #.FEr8UEM | URL | 2010/11/28 22:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skycastle07.blog105.fc2.com/tb.php/475-40514d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。