OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

11/28のツイートまとめ 

oikawasatoko

今日は昨日、石膏取りをしたウサギの塑像を割り出すのだ。耳を折らずに割り出せますように。この塑像は来月の父の彫刻の教室展に出品予定。その後、木彫にしてみようかと思っている。
11-28 10:17

父の教室展には、兎の塑像と球体関節人形を出品する予定。人形に入れるガラスのドールアイを探している。仙台にはボークスがあるのでドールアイは入手しやすいが、イメージに合うものはなかなか見つからない。ネットで探すと、綺麗なものはさすがに高価。でも、見ているだけで幸せ。
11-28 10:21

12月にはギャラリー和田さんでクリスマスの水彩の小品と、リースの展覧会に参加する。もう送るだけだったのだけど、1枚描き直したい気持ち。一日がもう少し長ければいいのになぁ。寝なければ良いのかもしれないけど、多眠体質はいかんともしがたい。
11-28 10:24

スポンサーサイト

11/13のツイートまとめ 

oikawasatoko

咀嚼の度に頬の内側を噛む原因は、親知らずの間にある微妙なすき間だと判明。歯医者さんから抜歯の宣告を受ける。私の親知らずは4本とも立派に生えているらしい。自分の縄文DNAを改めて感じる。抜くのは悲しいな。せっかく、どんぐりだって噛み砕くよう生まれついたのに。
11-13 12:00

親知らずが生えそろう割合は、縄文人で81%、鎌倉時代で42.9%とすでに半数を割り、現代人にいたっては36%とのこと。しかも黄色人種は生えないことが多いそう。来週の火曜日には、親知らず抜歯で現代人の仲間入り。せっかくのアテルイ顎なのに残念無念。
11-13 12:06

11/12のツイートまとめ 

oikawasatoko

このひと月で2度目の胃痙攣。理由は判っている。歯の噛み合わせが悪くて、頬の内側を噛んでしまうので、咀嚼がおろそかになり、胃に負担をかけているからだ。だから、行くんですよ、歯医者さんに、これから。私がこの地上で最も恐怖するあの場所に。
11-12 14:24

歯医者さんには大抵、ミッフィーちゃんかいわさきちひろの絵が掛かっている。そして、うがい用の紙コップにはリラックマが印刷されている。それらの絵がどれほど私の恐怖を軽減することか!絵描きとして、リラックマにひれ伏さざるをえない。ミッフィーに感謝。いわさきちひろに涙。
11-12 14:27

「墨と紙が生み出す美の世界」徳島県立近代美術館 

93BF938794FC8Fp8AD98360838983V955C.jpeg

現在、徳島県立近代美術館で開催されている
企画展「墨と紙が生み出す美の世界」に出品いたしております。
出品作品は、湯気をモチーフにした「水焔シリーズ」から、
「水焔6」と「水焔7」の2点です。

水焔7
出品作品「水焔7」麻紙 墨 胡粉 岩絵具

徳島県立近代美術館では、2007年に
「日本画ー和紙の魅力を探る」という展覧会が開催されました。
私は図録を取り寄せましたが、
紙と日本画との関係を、ていねいに掘り下げた内容で、
図録からも学ぶことが多いものでした。

今回の展覧会は「墨と紙」ということで、
墨についての考察がなされた内容です。
単に墨ということではなく、
紙だからこその墨の魅力に焦点が当てられています。

中国・清時代の御墨それ自体や、
貴重な墨を使って試作された作品、
また、清時代の墨絵から近代日本、また現代の作品まで、
墨と紙の世界を細かに追うことのできる展覧会です。

このような展覧会に展示させていただけて、
私は身の引き締まる思いです。
今後、いっそう、墨について、紙や絹について、
その素材自体の魅力を活かせるよう、
制作して参りたいと思っております。

会期 2012年10月13日(土)-12月9日(日)
   9:00-17:30
   月曜日休館(休館日が祝祭日の場合は、その翌日)
会場 徳島県立近代美術館
   http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
   〒770-8070
   徳島市八万町向寺山文化の森総合公園内
   TEL: 088-668-1088
   FAX: 088-668-7198

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。