OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

14×18センチの絵画展と宮城県芸術祭 

福 2012.
「福 2012.9.20」 18×14cm 麻紙 墨 胡粉 岩絵具

告知できないまま、今日が最終日になってしまいました。
ただいま、横浜タカシマヤで開催されている
「14×18センチの絵画展」に、出品中です。

2012年10月16日まで
横浜タカシマヤ 7階 美術画廊


また、今月は宮城県芸術祭も開催され、
香焔のシリーズから一点を展示しました。

水焔b
「香焔」91×30cm 麻紙 墨

香焔のこの2点は対なのですが、この内、右の作品を芸術祭には出品しました。
先の、日本橋髙島屋美術画廊Xでの「水墨最前線2012」に出品するのを機に、
麻紙に墨だけで描くということを初めて試みた作品になります。

xでの展示後、三人展「三叉景(於・ギャラリー和田)」にむけ、
紙に墨のみで、香焔の作品を3点描きました。
上画像の左の作品と、下の画像の2点がその3点となります。

香焔a


今現在、徳島県立近代美術館の
「墨と紙が生み出す美の世界展」にも出品させていただいています。
この展覧会に出品しているのは、
湯気をモチーフとし、麻紙に墨と胡粉、岩絵具も使用した作品になります。
こちらの展覧会については、またあらためてご報告いたします。

湯気を描いたり、煙を描いたり、うさぎのほわほわ毛を描いたり、
そんなこの1,2年。
時々、ぐっと何かを掴んでみたい気持ちにもなったりします。
ということで、12月には父の彫刻教室に、うさぎの彫刻も出品予定です。
スポンサーサイト

10/05のツイートまとめ 

oikawasatoko

大滝秀治さんが亡くなった。追悼として、ぜひ伊丹監督の「タンポポ」が見たい。タンポポで強烈だったのは、秀治さん+掃除機とノッポさんオムライス、役所広司と生卵。タンポポの役所広司は、後の黒澤清映画における彼の有りようの基になっているのじゃないかしら。あの異様さはホラーの域だったもの。
10-05 20:50

10/01のツイートまとめ 

oikawasatoko

切羽詰まる初秋の夕暮れ。蛙でも降ってこないかな、と思う。
10-01 17:34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。