OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

第3回三叉景 

三叉景第三回DM

第3回「三叉景」が、開催となります。
お忙しいとは存じますが、ご高覧頂ければ幸いです。

第3回 三叉景
会期 2012年9月3日(月)~9月13日(木)
   am11:00~pm6:30 日曜日休廊
出品者 荒井経 園家誠二 及川聡子
会場 ギャラリー和田 ホームページ
   東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル1F
   03-3561-4207
スポンサーサイト

08/30のツイートまとめ 

oikawasatoko

知人の娘さんが北インドMussoorieで8月24日から行方不明。情報求む。 Navila/16歳/156cm/普通体型/ピンクのスーツケース所持/国籍は日本、バングラディッシュと日本のハーフ/黒髪。7月28日から語学留学中。連絡先はhttp://t.co/GJ7maiHh
08-30 10:27

香焔・お香の煙の観察方法 

香焔下図3
画像はお香の煙の下図、クラフト紙に鉛筆で描いたもの。

9月3日から始まる第3回三叉景には、
お香の煙の「香焔」と兎の「福」の作品を出品予定。
湯気をモチーフに描いている「水焔シリーズ」は、
「煙ですか?」とたずねられることが多い。
だからという訳ではないけれど、今回はその「煙」を描いてみた。

煙は湯気よりも形が把握しやすい。
煙は微細ではあっても煤である。
不透明な物質が舞い上がっている姿だから、
きっと「掴みやすい」のだと思う。

湯気は加熱を止めてしばらくが最も良く観察でき、
お湯の温度が下がると、湯気の動きも遅くなり、姿も薄らぐ。
冬場なら、5分ほどしか持たない。
湯気の姿が見えなくなったら再沸騰、また5分観察……という風に、
休み休み集中することになる。

その点、お香は置き墨の上で熱せられるままなので、
姿もくっきり、高速で立ち上り続けるため、
真剣に見つめると2,3秒で目が回るし、
ジェットコースターに乗ったような、
3D酔いのような感覚に襲われ、具合が悪くなる。
だから、長く観察するにはあえて、眼のピントをぼかし
ポヤヤンと見やるという風にするのがコツである。

形の描写は写真や動画を助けにするが、
見え方、速度感、動きのリズムは見て記憶するしかない。
眼で見て、背筋で記憶するというイメージだろうか。
私はダンスがまったく出来ないけれど、
背筋を天に伸ばしながら、クルクルと身体を回して、
空気を抱え込み、流れるように手足をひらり、
そんな身体感覚に移し替えて、煙を記憶してみた。

香焔下図4点
香焔シリーズ4点の下図を並べたところ。全てクラフト紙に鉛筆。

本画は紙に墨のみで制作。
会場で、ご高覧いただければ幸いです。

08/29のツイートまとめ 

oikawasatoko

愛機GDR2のCCDに埃が付いて画像に黒丸出現。修理費は2万ほどとのことで大粒の涙。太ももでGRをバシバシ叩いたら埃が取れたという情報をネットで見つけ、即、バシバシしたところ、見事消滅。太もものボリュームには嘆き続けてきたが、役立つこともあるのかと、叩いたところをしみじみ擦る。
08-29 12:00

08/23のツイートまとめ 

oikawasatoko

動物病院の待合室でうさぎの飼育手引き本を読む。「うさぎはお尻をなでられると偽妊娠する場合がある」というので、ちょっと笑ったが「飼い主にみつめられても偽妊娠する子もいる」という記述には驚いて笑いが止まる。どこまで多感なのだ、うさぎ達よ。
08-23 09:22

08/17のツイートまとめ 

oikawasatoko

電車でぼうっとしている時など、ふいに思い出して一気に号泣モードに入る映画のシーンというのがいくつかある。夏の終わりには、武の「ソナチネ」にやられてしまうこと多し。あぁあ、もう、ソナチネのような映画は彼から生まれないのだろうか。
08-17 14:17

日美展 特別展示「現代水墨作家作品2012年」 

興

「興」麻紙 墨 胡粉 岩絵具1455×2910mm

水墨画の全国公募「日美展」の中の
特別展示「2012年 現代水墨作家作品」に、出品いたします。
出品作品は「興」となります。

お忙しいと存じますが、ご高覧いただければ幸いです。

日美展 「特別展示 2012年 現代水墨作家作品」
 会 期  2012年8月9日(木)~18日(土)10:00~18:00
      8月14日(火)は休館日
 会 場  国立新美術館(東京・六本木)
 主 催  公益財団法人 国際文化カレッジ
 特別協賛 生涯学習のユーキャン

・水墨画部門 第17回 総合水墨画展 1階A~D室
・絵画部門  第13回 日美絵画展  2階A~D室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。