OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

無事に初日を 

せいほう展示

3月24日はギャラリーせいほうでの個展の展示日。
せいほうといえば、彫刻のギャラリーとして有名なところです。
彫刻の空間に、私の日本画が展示されたら、
どのような見え方をするのだろうという、
期待と不安の相まった気持ちで展示作業をしました。

大きな薄氷の新作2点は、この壁に展示しよう、
と、想定して描いたものでしたから、
そこに無事、展示された姿を見て、しみじみ嬉しい気持ちがしました。

一時おさまっていた余震が、3月に入って再び頻繁に起るようになり、
搬入を済ませた後に、あの震災を迎えた昨年の「父・娘展」の記憶がよみがえります。
大きな余震が来て、個展が開けないのではないだろうか、
などという不安も込み上げましたが、
おかげさまで、無事、26日に初日を迎えることが出来ました。

私は30日(金)から、ずっと在廊の予定でおります。

ギャラリーせいほうホームページでは、
会場の様子も、紹介していただいています。
http://gallery-seiho.com/


スポンサーサイト

及川聡子展 薄氷/水焔 

sui6.jpg

3月26日から、銀座のギャラリーせいほうにて、
[及川聡子展 薄氷/水焔]が開催となります。
ご多忙中とは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。
これまで続けてきた「薄氷のシリーズ」と、
新しく取り組み始めた「水焔のシリーズ」を13点出品いたします。

及川聡子展 薄氷/水焔

会期  2012年3月26日(月)-4月7日(土)
    11:00am-6:30pm 日曜日休廊
会場  ギャラリーせいほう
    東京都中央区銀座8-10-7東成ビル1F
    電話:03-3573-2468
    http://gallery-seiho.com/

最寄駅【JR】新橋=銀座出口
   【地下鉄】銀座=A3出口 新橋=1番出口

月刊水墨画 4月号に 

水墨4

通信教育のユーキャン発行の
「月刊水墨画」4月号の「水墨の最前線」というコーナーで、
佐藤美術館の立島惠さんに取り上げていただきました。
最近、取り組みはじめた「水焔」のシリーズについて、
技法的なことも含め、ご紹介頂いております。

長く私の作品を見て下さっている立島さん。
昨年の震災後、はじめて上京した時、
お忙しい中、お話する時間を下さいました。
その時、まだ構想の状態だった「湯気」のモチーフについてお話すると、
立島さんらしい、軽妙さの中にあたたかさのこもった言葉で、
湯気への取り組みについて、励まして下さいました。
そして、また、こうして取り上げて下さるということに、
心から感謝しているところです。

昨年、秋の第2回三叉景
(荒井経氏・園家誠二氏との3人展 於 ギャラリー和田)で、
はじめて発表した「水焔シリーズ」の作品が掲載されています。
また、3月26日からの個展(於 ギャラリーせいほう)の告知も、
掲載していただいています。

「月刊水墨画」は通信教育の本のため、
書店に並ぶことはありませんが、
図書館などでは閲覧できることもあるようです。
もし、見かける機会がございましたら、
お手に取っていただければ幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。