OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

手の働きを 

芽


主よ、帰ってきてください。
いつまで捨てておかれるのですか。
あなたの僕(しもべ)らを力づけてください。

あなたが私たちを苦しめられた日々と
苦難に遭わされた年月を思って
私たちに喜びを返してください。

あなたの僕らが御業を仰ぎ
子らもあなたの威光を仰ぐことができますように。

わたしたちの手の働きを
  わたしたちのために確かなものとし
わたしたちの手の働きを
  どうか確かなものにしてください。

                
         旧約聖書(新共同訳)詩編90 より


2千年以上前の人間が綴った詩編に、
心の深いところから共鳴する。
未曾有の災害といわれるけれど、
今回の震災のようなことは、
きっとこれまでも人間を襲ってきたのだろう。
それでも今日まで、人は絶えずに生きてきた。

この詩編が
「手の働きを確かなものに」という祈りでしめくくられることが、
私の気持ちを奮い立たせてくれる。

復興は願うことでは叶わないのだな。
自分自身が、この手を、しっかりと働かせなければ、と思う。
その働きを、どうぞ確かなものにしてくださいと、
私もそう祈ろう。

--------------------------------------------------------------------

明日から、柴田町の「しばたの郷土館」で、
「及川茂・聡子 父娘展」が、
仙台の晩翠画廊では「震災復興支援チャリティ展」が始まります。

「及川茂・聡子 父娘展」は、3月19日から開催の予定でしたが、
震災の影響により、4月26日からの開催となりました。
柴田のさくら祭りは中止となった今年、
この「父娘展」も開催が危ぶまれましたが、
郷土館の皆様のご尽力のおかげで初日を迎えられることになりました。
晩翠画廊の「震災復興支援チャリティ展」は、
売り上げの一部が晩翠画廊さんを通して、
NPO法人『石巻こども避難所クラブ』へ寄付されるとのこと。
私も小品を一点出品いたしました。

父娘4

父娘3 

父娘1

上の3枚の写真は3月11日の数日前に、
搬入を終えたばかりの時の「父娘展」会場の様子。
あの地震の中を、作品は一切壊れることがなかったことは、
一重にしばたの郷土館の皆様のおかげです。
会期は短くなってしまいましたし、
桜も満開の頃は過ぎてしまいましたが、
展覧会が開催されることだけでも、
本当に、奇跡的なことと感謝しております。

招待状など諸々の事情により、発送が遅れておりますが、
このブログで、急ぎお知らせさせていただきます。
桜はもう葉桜ですが、葉桜もまた美しいものです。
お立ち寄りいただければ幸いです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。