OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

『海洋天堂』アクション無しのリー・リンチェイ 






「海洋天堂」は、あのジェット・リーが
はじめて、一切のアクションを封印して主演する映画。
(しかも、ほぼノーギャラで。)

ジェット・リーは自閉症の息子を持つ父親を演じています。
音楽担当は、久石譲さん。
医学監修には日本人も関わっているそうですが、
リーが主演なのにアクション無し、
テーマからみて、興行的に難しいとの判断からか、
日本での公開は今現在予定されていません。
そのため、日本での公開を願う活動が広がっているようです。

↓コチラで署名コメントなどができます。
ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!

第13回上海国際映画祭、
メディア賞(最優秀作品賞・新人監督賞・主演男優賞)も受賞し、
すでに公開されている中国・香港での評価は高いようです。
予告編を見ても、クリストファー・ドイルらしい、美しい映像です。
自閉症の青年を演じる文章さんも自然だし、魅力的に思います。
主題歌はジェイ・チョウの「説了再見」。
今作が初監督のシュエ・シャオルーさんは
長く自閉症者に関わってこられたとのこと。
私もぜひ日本で公開して欲しいと思います。

予告編を見て、ひとつ驚いた点は、
中国語で自閉症は「孤独症」と呼ばれているということ。
自閉という日本語も、はたしてその症状に適した言葉だろうか
と思うこともあります。
名称によって、そのハンディキャップについてのイメージが固まり、
誤解を生じることも多々あります。
そういった点でも、文字情報だけではなく、映像、物語を通して、
自閉症(をはじめとする発達障碍やその他の障碍も)の理解が
深まることを願います。

今回の映画公開を願う活動は、
自閉症というテーマから、というだけではなく、
ジェット・リー(李 連杰)ファンからの
「リーのアクション無しの演技が観たい!」
という気持ちからも広まっているようで、
私はとてもすてきなことだな、と思っています。

ちなみに、一昨日の夜、私が見た映画は
ジャッキー・チェンの「ヤングマスター師弟出馬」
ラスト20分のクンフーアクションに
「やっぱり、ジャッキーすごーい!」と大感動。
そういえば、子供の時、手でくるみを割ることに憧れたのは、
この映画の影響だったのか、と思い出しました。
父は手でくるみを割れる人なので、
いつか自分も割ってみせるのだ!とひそかに練習をしたりしました。

小学校時代、父から「今日はジャッキー・チェンの映画があるぞ」
と言われ、ホクホクしてテレビを付けたら、
ジャッキーではない、小振りの坊主君が活躍しはじめ、
「なんだー、ジャッキーじゃないじゃん!」
とがっかりしたこともありました。
その小振りな坊主君こそが李 連杰、のちのリー・リンチェイ。
今では、リー・リンチェイも大好きな私です。
ジャッキーも、最近はいろいろがっかりするウワサも聞きますが、
それでも、ずっと好きだろうと思います。
そんな私は、タランティーノより、周星馳シンパだったりします。



『海洋天堂』
脚本・監督 シュエ・シャオルー(薛暁路)
撮影 クリストファー・ドイル(杜可風)
編集 ウィリアム・チョン(張叔平)
作曲 久石譲
美術指導 ハイ・チュンマン(奚仲文)



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。