OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

個展 御礼 

石山椿

数寄和 西荻窪/大津での個展「薄氷」が
3月22日、終了いたしました。
お忙しい中、御来場いただきました皆さまに、
心よりお礼申し上げます。
皆さまのご厚情を励みに、また精進して参りたいと思います。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

                        
(写真は石山寺の椿です)
-----------------------------------------------------------------------

作品の返却と共に、4種類の紙が届く。
絹に制作することによって得た経験をもとに、
この薄い紙で、またもう少し違う自分の可能性を探したい。
今回の展覧会に向けての制作は、
これまでにないほど、学ぶところの多いものだった。
それは1にも2にも「技術」というものであったように思う。

白州正子さんの言葉で、私が大好きなのは、
「形にならない心なんてない」というものだ。
骨董を愛した白州さんらしい言い切りだと思う。
心を形にするために、
不可視なものをも、見える形にするために、
私は学ぶべきことがたくさんある。

技術は、学べば確かに一歩進む。
もちろん、ある域に達すれば
身に付けた技術が軛になる時が来るのかもしれない。
でも、私にはまだまだそんな心配はないだろう。
これまでやり残した勉強が膨大にあることは疑いないから、
技術を身に付けることに熱心になって間違いはない。

形にすることに、もっと精一杯尽くしたいと思う。




スポンサーサイト

個展「薄氷」 数寄和 大津 

hu.jpg

明後日、3月13日から数寄和 大津で展覧会が始まります。
ご高覧いただければ幸いです。
13日と14日、在廊の予定です。
13日の16時からオープニングです。

薄氷 及川聡子展 絹に描く1

会場:数寄和 大津
住所:滋賀県大津市神領3-2-1
日時:2010/3/13(土)~ 3/22(月)火曜日休廊
   11:00~18:00
   初日16時からオープニング



----------------------------------------------
明日、大津に行きます。
帰宅は15日の予定です。
それまで、コメントの返信ができません。
よろしくお願いいたします。

西荻窪終了、そして大津 

西荻入口

3月7日、数寄和 西荻窪での個展が終了いたしました。
ご来場下さいましたみなさま、ありがとうございます。

会場1

今回の展覧会は、額装も数寄和さんが手がけて下さいました。
絵絹でのすべての作品、
それぞれにオリジナルの額をデザイン・製作していただきました。
「平面作品の展示において、額を付けないことが主流になっている現在、
 あえて作品を額に納めて展示することの意味を感じてもらえるように」
という数寄和さんのお気持ちが込められた額装です。

会場2

個展開始の2日前に仕上げた180cmほどの大きめの作品(題名「螺」)は、
東京では展示せず、大津会場のみの展示なのですが、
初日だけ特別、木枠に張ったまま、裏打ちなしの状態で展示しました。

螺部分
(「螺」の部分写真)

西荻窪で展示した作品に加え、
大津会場では、この絹本の新作「螺」と
紙本の近作を展示いたします。


薄氷 及川聡子展 絹に描く1

会場:数寄和 大津
住所:滋賀県大津市神領3-2-1
日時:2010/3/13(土)~ 3/22(月)火曜日休廊
   11:00~18:00
   初日16時からオープニングです。

■数寄和 大津 ホームページはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。