OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

捨てられない 

nemaki.jpg

とうとう、引っ越しをすることになった。
同じ町内への引っ越しだから、生活圏は変わらない。

変わるのは家の大きさ。
これまで7LDKに、4畳くらいある不思議な空間がふたつ、
2階建ての納屋付き、という広い家に住んでいたのだが、
今度の家は3DK。面積からみて、多分3分の1位になるだろう。
当然、物を整理し、手放したりもしなければいけない。

私は物が捨てられない性質だ。
意味不明の小物、雑貨、
子供時代からのおもちゃ、
切り抜き、年賀状・・・
今回は身を切る思いで、
それらを「持っていくもの/捨てるもの」に分けている。

例えば、寝巻き。(かい巻きともいうのかな)
物心ついた時から、ずっと私はこれで寝ていた。
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学ずっとである。
ボロボロになっても、手放さなかった。
さすがにこれで寝ることは無くなって
10年以上経つけれど、捨てずに保管していた。
だけど、今度の家は押し入れだって少ない。
やっぱり、捨てなければいけない。
でも、つらい。寂しい。。。どうしよう。

考え込んで、ひらめいた。
写真を撮っておけばいいんだ!
ということで、寝巻きを撮影。
リカちゃんハウスも、リカちゃんの馬車も、
会心の出来のいたずら書きも、
写真に撮れば、いくらかは気楽に捨てることが出来る。

そういえば、ドラえもんの道具に
そんなカメラがあったなぁと思いだす。
大事で捨てられないけどかさばるものを
写真にして保管出来て、
それを好きな時に元に戻すことが出来るカメラ。
ドラえもんがいてくれたらなぁ。




スポンサーサイト

子供時代のお祈り 

押し入れを掃除していたら、子供時代の作文が出てきた。
小学校低学年らしい。字もものすごく下手で笑ってしまう。
でも、線は強く、おおらかで、我ながら子供力を感じる。

中でも面白かったのが、クリスマスの作文。
あれは小学校何年生だったのだろう?
大雪で、停電になったクリスマス・イブがあった。
電気の代わりに、父がロウソクを灯してくれた。

私の幼稚園はカトリックだったので、
クリスマスに、講堂を暗くして、みんなで
手に手にロウソクを持ち、お祝いをした。
その時のロウソクの炎がとても美しく、
私の心に、聖夜のイメージとして定着した。

その、停電のクリスマスの時、
父が灯したロウソクで、
幼稚園のロウソクの炎を思いだした、と、
小学生の私は作文に書いていた。
そして、お祈りをしたのだとも書いてある。

 
 この間、ていでんがありました。
 なぜかというと、大雪で高あつせんが切れたためです。
 その日は12月24日クリスマスイブです。
 せっかくのクリスマスイブもだいなしでしたが
 いいこともありました。
 ろうそくでごはんをたべたりしたことです。

 なぜこんなことがいいことかといいますと、
 いつもなら、父と母はしごとで声をかけると、
「ううん、あとはしずかにしてテレビでも見なさい」とか
「ああそう。」といってはいるけどきいてくれないんです。 
 でもてい電だったから父も母も
 わたしの話をきいてくれました。

 電気がつかえないのでろうそくをつかいました。
 その火を見ていると、
 なんかようちえんのことをおもいだします。
 こうどうをろうそくを一本一本もって1しゅうまわり
 キリスト様においのりしました。
 その美しさは、とてもわすれられません。

 それからわたしはキリスト様においのりしました。
「おたんじょうび おめでとうございます。
 いまわ なんさいですか。
 1000さいくらいですか。
 プレゼントができなくてすいませんが
 きっと、あとでプレゼントします。」と、
 その日はテレビも見られませんでしたけど、
 とてもたのしい一日でした。


イエス様はまだ、
私のプレゼントを待ってくださっているだろうか。
クリスマスの約束を、
私は叶えなければ、と思う。




光太郎 

嬉しい知らせが届きました。

このところ、不安定な気分が続いていたので、
なにか、ほっと、するような気持ちです。
嬉しいというよりも、
あぁ、自分はこうしていて、
間違いではないのだ、
自分らしくしていて、
それでも良いと、思ってくれる人がいるのだ、
と、安堵する気持ちが強い気がします。

むろん、
安堵して、また、しっかりと歩むのです。

自分へのお祝いに、何か、と思って、
今日は「高村光太郎詩集」を買ってきました。
以前から愛読していたものは、
とある人に、譲ってしまったので、
また、いつか買おうと思っていたのでした。

光太郎といえば、智恵子抄が定番ですが、
私は、それ以外の詩もとても好きです。
(智恵子抄でも、常に泣くけれども)
それは、詩として、文学として好き、
というだけではなく、
美術家としての意思表明を感じるから、
こんなに惹かれるのだろうと思います。
光太郎の詩は、
美術(彫刻)というものへの
信仰宣言なのだと、私は受け取っています。

父親=光雲への深い敬愛と反発。
また、日本と、美術界と、摩擦を感じながら
常に、孤高に生きたいと願った、
その光太郎の気持ちに、共感し、励まされるから、
私は光太郎の詩を読むのかもしれません。

孤高であるということは
相対的な目線を捨てることだと思います。
私は、そうありたいと願っています。
誰しもが、その人自身のことを成し、
私は、私の事を遂げる。
「これでいいのか」と、
周囲を見回し、悩みやすい自分だからこそ、
そういったありかたに憧れるのかもしれません。
だから、光太郎の言葉に
勇気づけられるのでしょう。


 おれの手の届かないさきを人がやる、
 人の手の届かないさきをおれがやる、
 それでいい。

              高村光太郎
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。