OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

現行の友情 

原田横.jpg

明日、あさっては高校時代の友達にモデルを頼み、塑像で彼女の首を造る予定。

「変わらないね」と、昔の友達に会うと嬉しくてそう言ってしまうけど、本当は変わっているはずなんだ。昔の友達と、現行の友情を保つためには、変わらない部分と同じくらい「変わった」ところを知らなければいけないと思う。
宮城に戻ってから、昔の友人に会うことも多い。そんな時、どうしても懐かしい話ばかりを繰りかえしてしまって、一通り過去を話すと、その後、やりきれないような沈黙が流れたりする。
「また会おうね」なんて言って、別れる。本当に会いたい気持ちでそう言うんだけど、あの沈黙が心に残って、もの悲しくなったりもする。

とある日、個性的な顔立ちの小学校からの友人にモデルを頼み、首を造った。彼女にはその間、ビデオを鑑賞してもらう。私は、時々「もうちょっと右」とか言って、あとは制作する。
これが、なかなか良かった。沈黙も問題にならないし、昔話より、近況を聞くより、変わらない彼女と、今の彼女を知ることが出来た。モデルをする、ということも結構イベントだから、友達にも楽しんでもらえる。作品も出来る。

君を理解したいとか、大事に思っているとか、いっしょにいると楽しいね、なんて、会話やもてなしの中で確認しあうようなつきあいは、私はすっかりやりたくなくなって久しい。
見て、造る。それが、私の一番の誠意ある対峙の仕方だと思っている。それを、理解してくれるなら、きっと友人は、今の私の友達なのだと思う。

原田.jpg
2005年制作「Mie」
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。