OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ウグイスの慟哭 

ヤマガラ


冬、父のアトリエに行くとよくヤマガラが来ていた。
オレンジの胸で、可愛らしい野鳥だ。
実に興味深げに父の様子を見ているので、父は、
「あのヤマガラはお父さんが好きなんだ」と言っていた。
同じ頃、我が家の庭にもヤマガラが来るようになった。
私が洗濯物を干していたりするのを、かなり近くまで来て、
首をかしげかしげ見ている。
せっかく来ているのだからと、お米をまいてみたりしたけど、
食べるわけでもなく、ヤマガラはただ私を見ているのだった。
春になって、
「ヤマガラ、来なくなっちゃったんだよ」と母が言う。
そういえば、うちの庭にも来なくなったな、と思っていた。

我が家から少し歩くと雑木林に囲まれた遊歩道がある。
いろいろな野鳥や、時にはリスも見ることが出来る、とっておきの散歩道。
ある日、その雑木林でヤマガラのツガイを見かけた。
父に、
「今日、ヤマガラのツガイを見たよ。
きっと、あのヤマガラ、お父さんとツガイになろうかなー、
と思って、通ってたけど、考えてみたら種が違うことに気づいて、
メスを見つけちゃったんじゃない?
それで、来なくなったんだよ」と話した。
すると、
「そうだよ。そうそう。やっぱり鳥じゃないとと思ったんだよ」と、父。
冬の終わりから春にかけて、オスの鳥たちは一生懸命だ。
人間だって(しかも人間の男性すら)一応候補に入れるほど、一生懸命なんである。

その一生懸命さが顕著に現れるのはウグイスの鳴き声だと思う。
父のアトリエの近くにも、すばらしく軽やかできれいな声で啼くウグイスがいる。
春先には、なんだかおぼつかない感じで啼き始めるのだが、
しばらくすると、喉の調子も良くなるようで、本当にきれいに啼く。
ウグイスの啼き方はそれぞれ個性があるので、
「あ、あのウグイスだな。今年も啼いている」と分かるものだ。
我が家のそばの遊歩道にも、去年と同じ節回しで啼くウグイスがいる。
「ほら、あのウグイスだよ」と私が言うと、
「ほんとだ、あいつだね」とOTTO。

ウグイスは「ホーホケキョ」を主題として、
その前後で、それぞれひねりの効いた展開をし個性を出している。
きっと、その個性的な表現の善し悪しで、モテたりモテなかったりするのだろう。
遊歩道にいるウグイスは、実に個性的な節回しをする。
ホーホケキョ ポッパッペッピ ポッパッペッピ ポパペピ ポパペピ ……
と啼き、その ポパペピ が、どんどん加速する。
しかも、主題であるホーホケキョはたまにしか啼かない。

このウグイス君。もう、5月も末だというのに、相変わらず啼いている。
疲れてやぶれかぶれのように ポッパッペッピ 啼いているのだ。
あのように啼いていては、女の子たちにモテるとは思えない。
ウグイス君の鳴き声は、メスの気を引くためのものから、
自己表現の域に達し、その自己満足さゆえに、伴侶を得ることもなく、
今年もその孤独の歌を歌い続け、すでに梅雨を迎えようとしている。
やぶれかぶれの節回しは、なおも加速と激しさを増し、
すでに慟哭の響きを醸し出している。

ウグイス君。どうか、心を静めてくれたまえ。
少しゆっくり、息を吐いて、落ちつこうよ。
今年はもう、あきらめよう。
来年の春のために、もっとムードを学ぼうではないか。
君のスローバラードを、私は待っているよ。種は違うけれどね。

※写真は父のアトリエに訪れていたヤマガラ

スポンサーサイト

恋しく思う 

以前の家と、現在の家とは車でほんの20分程度しか離れていない。
にもかかわらず、自然環境はずいぶん違う。
積雪量も、溶けるまでの時間も、気温も全然違う。

利便を思えば、現在の家の方がむろん快適だけど、
時折、あの虫や動物、寒さや積雪、風の強さまでも、
恋しく思う瞬間があるから不思議だ。

蜘蛛の巣

これは、以前の家の、
玄関を開けた真ん前に作られた蜘蛛の巣。
住んでいた当時は、玄関開けて巨大な蜘蛛の巣に出くわすと、
生物として敗北感を感じた。
「あー、叶わない。玄関は君のものだ」
という気分になったものだ。

先日、まとまった雪がふったので、
一昨日、昨日、今日、朝と昼前に山のアトリエに行っている。
アトリエそばの果樹園の雪の様子を見るためだ。
途中、以前の家の前を通る。
相変わらず、山の陰に青く沈み、
家の周りだけ雪が残っている。
あの環境に暮らすのは、町育ちにはつらい事の方が多かったけれど、
得たもののいくつかは、とても大きかった気がする。

夜

これは、現在の家の玄関から見える景色。
遊歩道の並木越しに月が見えた夜。
遊歩道にも、虫や小動物は生きているのだろう。
でも、散歩してもあまり見かけることはない。
もっと、目を凝らして暮らさなくちゃ、と思う。
虫や小動物に間借りするような暮らしから離れたのだから、
私が彼らを訪ねに行くしかない。


西日 



葉に射す西日がつくる影絵

20071126223004.jpg

すすきの穂も透ける

20071126223758.jpg

紅葉にちいさなスポットライト

20071126224122.jpg

西日はものを朽ちらせるというけれど、
私は西日が嫌いではない。

山の午後、陽に透ける葉がみな金色に光る。
その中を散歩するのがとても好きだ。
愛娘犬の尻尾も西日に透けている。

少し暖かな陽を感じると、
自分の身体も西日が透過している気持ちになる。

私の細胞もほろほろと西日にほぐされて、
霧散してしまうことを想像したりする。

山の仲間 

20071013095508.jpg

山のアトリエにいる孔雀さん。
かつては何種類も鳥がいたのだけれど、
当時から、孔雀にだけは「さん」付け。

20071013095551.jpg

写真を撮ろうとしたら、機嫌を悪くして顔を隠している銀鶏。
銀鶏の名前は「銀次」。仁侠モノみたいである。

20071013095604.jpg

銀次の全体像。尾羽も綺麗。
銀鶏、金鶏、というのは知人に話しても
「それ、どんな鳥?」と聞かれることが多い。
「京劇の頭に付いてる羽の鳥」と説明するが、
"京劇の頭に付いている羽"自体、
分からないと言われてしまうこともあり、
そうすると、ただ「すごく綺麗な鳥」としか言えない自分が情けない。

私が高校当時は、最も父が鳥に興味があって、
「お前が花鳥画を書く為に」と、私を言い訳にして
様々な鳥を飼育した。
大抵は「日本鳥」、いわゆる「ニワトリ」である。
大軍鶏、小軍鶏、東天紅、唐丸、烏骨鶏、小国、
桂チャボ、白チャボ、ゲームバンダム、オーハンプリモス等々。
ニワトリ以外にも、インコ、銀ハト、オオルリ。
ウサギも、リスもいた。コリー犬に、キャバリア、アビシニアン。
動物園のような我が家だった。

丸太を小さくしたものをまな板にして、
ナタで白菜を細切れにし、
ニワトリの餌と、虫のサナギを混ぜる。
この、サナギがひどい匂いなのだけど、
鳥には良いということで、
目をつぶり、息を止めて混ぜ込んでいたものだ。
それをボウルにいれて、庭に出ると、
庭の方々で遊んでいた鳥たちが
ダッタダッタ…と集まってくる。

私は相当な犬派で、鳥と犬なら犬を伴侶にするけど、
なぜか、鳥から愛されることが多い。
特に軍鶏。
軍鶏は怖く思われるけれど、
大きくて強い動物の常として、
むしろとても優しく、猫のように甘える。
鳥の中でも、私は軍鶏が特に好き。
特にオスは誇り高く、リーダーとして
他の鳥たちへの配慮をかかさない。
奥さんのことも大事にするし。

今現在は、山にはもう孔雀さんと、銀次だけだ。
山のアトリエは、両親の母屋から離れているから、
夜のうちに、イタチやキツネに取られてしまうのだ。
母屋にはオカメインコと銀ハトがつがいで暮らしている。

毎日、虫のサナギを触らされるのは嫌だったけれど、
あの動物たちとの大所帯生活が、
今はとても懐かしく思い起こされる。

凍る 

toket.jpg


とうとう今年も「凍結」がやってきた。写真は、庭の水道のホースに溜まった水が凍って顔を出したところ。

私の画室は、山の陰に位置しているので、冬は全く太陽が当たらない。畳をはいでコンパネを敷いているだけの床から、冷気がしんしんとのぼってくる。ジャージの上に、内側がフリース仕様のウインドブレーカーを重ね着する。それでも寒い。

制作中は、座布団を常に携帯する。今は5m程の絵を描いているので、座布団を持って、てこてこ移動。座布団を敷くと、そこだけ床からの冷気を塞ぐことが出来る。
それでも寒い時は、石油ストーブを自分の間近に持ってくる。背中から熱が当たると気持ちがいい。集中すると、熱さや痛みに鈍磨になるため、去年は5枚ほど上着やズボンを熱で溶かしてしまった。セーターも焦がした。だから、今年、内側フリースの割烹着を買った際、OTTOにはひと言「溶かすなよ」と注意された。

風邪引き状態で制作していたら、風邪薬のせいか、眠気に襲われ座布団に突っ伏して眠ってしまった。正座したまま前かがみに眠ったので、足の痺れで目が覚めた。寝ている間に、石油ストーブの灯油が切れたら凍死の恐れがあるし、付けっぱなしならやけどの恐れがある。気をつけよう。結構、サバイバルな冬の日々である。

※凍死の恐れはフィクションです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。