OIKAWA,Satoko blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

犬マンガ 

neru_1.jpg
数年前、大量のイラストの〆切りに追われて、
ハイテンションになっていた私を見上げる愛娘犬が可愛くて、
そのままイラストタッチで描いてみたらくがき。
〆切りに追われ中なだけに、線に迷いがなくて活き活き。
こんな風に絵も描けたら良いのにと思うことしきり。

当時はまだ関東に暮らしていたので、
日々の様子をマンガにして、親にFaxしていた。
捨てるに忍びなく、取っておいたものを発見。
neru_2.jpg

neru_3.jpg
neru_4.jpg

そういえば、こんなに動物が好きなのに、
動物を画題にしたことがない。何故だろう。
塑像で試みたことはあるけれど。
好きすぎて、抱っこしたくなるからだろうか。
立体じゃないと、抱っこは出来ないから。








スポンサーサイト

絶対犬愛主義 

chacha.jpg

「犬のいない人生を送る人が、世の中にはいるんだよねー。
 全く信じられない。」と私がひとりごちると、
OTTOに、
「君はいったい何回同じことを言うの」とあきれられた。

犬に興味のない人もいるし、犬が苦手な人もいると、
頭では分かっているのだけれど、どうも信じきれない。
だから、犬に興味のない人に出会うと、
その度に、心の底から大いに驚いてしまう。

犬に興味のない人の気持ちになってみようと、
我が家の愛娘犬のことを
「へんてこな外見だと思ってみる」ということを試みることもある。
鼻は黒くて、濡れているし、
毛だらけで、大抵はお尻全開で尻尾も付いているぞ。
まるで人間とは違うな……と確認していく度に、
可愛さがこみ上げて、試みはいつも失敗に終わる。

犬と人間は、生物学でいうところの共生関係だと私は思う。
飼う飼わないの個人差はあれど、
宇宙人が地球人を観察した場合、
「地球人は犬と共に暮らしている」と記すに違いないほどに、
犬と人間は親しく、生活圏を供にしているのだから。

犬と人間の共生の歴史は古い。
人間によって埋葬された犬の化石として最古のものは、
1万4千年前のものだそうだ。
さらに遡る、10万年より以前の遺跡には、
人骨のそばにオオカミの骨がたくさん出土するそうである。
このことをもって、オオカミと人間が親しくなったのは、
直立猿人からホモサピエンスに進化したての頃だとも言われる。

私の敬愛して止まない
動物科学者のテンプル・グランディンさんの著作、
「動物感覚」には、アボリジニーの、
「犬のおかげで人間になれる」ということわざや、
オーストラリア考古学者チームによる研究が紹介されている。
その研究によれば人間は、集団で狩りをすることや、
複雑な社会構造を持つことをオオカミから学んだと言う。
また、オオカミには同性の非血縁者との間に誠実な友情があるが、
人間以外の今日の霊長類には、そういった友情はみられないことから、
友情というものも、人間はオオカミから学んだと推測されている。

「動物感覚」には、
オオカミは新しい習性を人間に教えただけでなく、
脳の構造も変えたとも書かれている。
種は飼われることにより、脳が小さくなる。
犬の脳は人間に飼われることにより、
前頭葉のある前脳と脳梁が10~30%小さくなった。
これにより、野生の動物に比べ恐怖と不安が減少した。
一方、人間も犬を埋葬するようになった1万年前から脳が10%小さくなった。
小さくなったのは、情動と知覚情報をつかさどる中脳と、
嗅覚をつかさどる嗅球で、前脳と脳梁はほとんど変わらない。
つまり、人間と犬の脳は、それぞれ専門化してタッグを組んだのだ。
人間は計画と組織化を引き受け、犬は知覚の仕事を引き受けた、とのこと。

クロマニョン人が生き残り、ネアンデルタール人が絶えた理由に、
ネアンデルタール人は犬を飼ってはおらず、
クロマニョン人は犬と暮らしていたことが説として上げられているという。
クロマニョン人は、犬によってホモ・サピエンスとなった。
まさに、アボリジニーのことわざの通りだ。

以前NHKの「チンパンジーの知性大研究~どこまでヒトに近いのか~」
という番組で、印象的なシーンがあった。
言語を獲得する上で重要とされる「指さし行動」を類人猿は理解しない。
何かを指を指しても、猿はそれを意識しないのである。
けれど、飼われている犬は指さしを理解する。
これは知能の高低の問題ではなくて、コミュニケーション力の問題だ。

共に狩りをしながら、人と犬は暮らしてきた。
単に、狩りの能率を上げるならば、
知能の高い動物や、強靭で大きな動物など、
他にも伴侶の候補はいるだろう。
犬の顔は、オオカミの子供の顔なのだとよく言われる。
子供の顔は、どんな動物でも愛くるしくて保護したくなる。
犬は、大人になっても子供のように愛くるしいことによって、
人間に保護されるよう進化したのだろう。
人は、知性よりも、強靭さよりも、
信頼し、甘え、尊敬してくれる、この可愛さを選んだのだ。
永遠の幼顔。
その顔にとろけない人は、猿時代を忘れてしまっているのだろう。

犬が家族のように扱われることを、
最近の風潮のように言う向きもあるが、
縄文時代、犬の埋葬方法は人間の埋葬法と同じだったそうである。
太古より人間は犬を供として暮らしてきた証だと思う。
(狩りに長けた犬達だから、
 狩猟民族の方が犬との関係が深く、
 比較して、農耕民族は関係が浅いとみる説もある。
 日本は主に農耕の比重が大きな歴史が長いので、
 かつての犬との関係が忘れられていたのかもしれない。
 縄文時代には多くの縄文犬が埋葬されていたが、
 弥生時代に埋葬された犬は発見されていないそうだ。)

可愛さと同時に、私は犬の中に獣の気高さをみて憧れるし、
使命に対する律義さと、誠実さとに敬服する。
犬とのつき合いは、
人とのつき合いに等しい(時に勝る)
信頼の喜びを感じさせてくれる。
それは、全く違う形と習性を持ち、
血のつながりももちろんない別生物と、
こんなにも信頼しあい、必要としあっていることに、
奇跡のような不思議を感じるからだ。
同種だから好ましく思うのではなく、
違うことを互いに必要としていることがすごいと思うからだ。

テンプルさんは言う。
「動物と話ができる人はできない人よりもたいていは幸せだ。
 人間もかつては動物だった。
 そして人間になったときに、なにかを捨てた。
 動物と友達になればそのいくらかでも取りもどせる。」

yune.jpg

まゆげひとつで 

賢いネル
こんなに賢そうな面立ちの愛娘犬。

眉毛ネル
まゆげひとつで、なぜこんなことに。

愛娘犬とセブン 

セブンとネル

セブンとネル2

セブンとネル3台詞

セブンとネル4台詞

クリスマスパーティー中のひとこまです。

我が家のトナカイ 

ネルトナ

我が家のトナカイ、今夜の出番に備え睡眠中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。